電話

0120-966-995

0120-123-456 営業時間:平日 10:00-17:00

記事をシェア

権利侵害」タグの記事


権利侵害」タグの記事22

1-10件を表示

123

商標を登録すると得られる商標権とは

商標を登録すると、商標権という特別な権利が得られます。 商標権の特徴は、主に下記の4つがあります。 登録した商標を独占排他的に使用できる 同一の商標だけではなく類似する範囲も守られる 故意・過失を問わず権利の侵害を阻止できる 登録した...

ビジネス立ち上げ前だが商標登録しなかったらどうなるか

ご質問 アクセサリーのブランドを新しく立ち上げようと考えていますが、販売している実績がないと商標登録できないと聞いたことがありますが本当でしょうか。 もしそうだとすると、販売実績をつくるまでの間、商標が野放しになってしまいます。 その間に、第三者がブランド名やロゴを模倣してしまったらどうなるのでしょうか。 ...

商標登録することで得られる3つのメリット

一般的に言われていることでは、商標登録することによって、次の3つのメリットがあると言われています。 商標を独占排他的に使用できる 第三者による商標の使用の差し止めや損害賠償請求ができる

登録した商標が第三者に侵害されたときの対処法(1)基礎編

せっかく商標登録した商標の利得をしっかり行使し、ビジネスをより優位に進めていくためには、登録した商標の権利を守ることが重要です。 つまり、第三者が勝手に使用しないよう管理し、もし商標権の侵害が発覚したらそれに対処することが必要になってきます。 では、具体的に、第三者に商標を侵害された場合、どのように対処すればよいのでしょうか。

登録した商標が第三者に侵害されたときの対処法(2)実務編

大切に育てた商標の権利を守るためには、まず商標登録することが重要です。 しかし、残念ながら商標登録しただけでは完全に商標を守れません。 登録した商標の権利が侵害されていたら、しっかり対処することが必要です。 「[POST_LINK id="493"]」では、商標権が侵害されたときに、使用を差し止め、損害賠償を請求できるなどの対処法について説明しました。 今回の実務編では、どのよう...

私が体験した商標権侵害事件

(1)書籍のタイトルに関する商標権侵害事例 (2)室蘭の飲食店に東京の大手企業から警告書 地方の小さな飲食店に大手から商標権侵害の警告が 飲食店の商標権侵害が急増している理由とは? 名前を変えてすぐに商標登録しました イ...

商標を侵害されてもあえて様子を見るという手もある

唐突ですが、登録した商標を他人が勝手に使っていた事実が発覚したらどうしますか。 もちろん、勝手に商標を使用しないよう警告し、場合によっては損害賠償を請求することを考えるのがセオリーです。 しかし、実務的には、わかっていてあえて放置し、様子を見るという手段をとることもあります。 いったいなぜ商...

商標を勝手に使われないためのコツ

商標登録が済んだらもう安心。商標を勝手に使われる心配はない、などと思ったら大きな間違いです。 商標登録が済んだら完了ではなく、登録ができたら次は商標の管理が始まります。 かといって、誰かが商標侵害していないかどうか日本中を調べて回るわけにもいかないでしょう。 そこで私が提言しているのが、商標の使い方に一定の基準を設けること...

商標を侵害していると警告を受けたときの対処法

ある日突然、「あなたはうちの商標を侵害している」という商標侵害の警告書が届く、よくあるケースです。 警告書には、商標侵害をやめ、賠償額を払うようにという要求まで書かれていることがあります。 誰だってこんな警告がきたら慌ててしまうのも無理はありません。 そこで、商標を侵害しているという警告がきても慌てないよう、対処法について知っておきましょう。 ...

特許庁が商標侵害の最低賠償額を設定へ

登録した商標を勝手に第三者が使って営業した場合、権利侵害を訴え、使用の差し止めを勧告できるだけではなく、被った損害を賠償請求できます。 しかし実際には、使用の差し止めはできても賠償請求のハードルが高かったのが実際のところです。 ところが、特許庁が2016年2月、最低賠償額を設ける方針を固めたようです。 こ...

権利侵害」タグの記事22

1-10件を表示

123

記事


目次から探す

索引から探す

人気の記事ランキング


新着の記事


おすすめの記事