電話

0120-966-995

0120-123-456 営業時間:平日 10:00-17:00

記事をシェア

商標登録出来るものと出来ないもの」カテゴリの記事


商標として登録するための3つの条件

商標には登録できるものとできないものがあります。 ここでは、商標登録が可能な商標とはどのようなものか見ていきましょう。 商標登録が可能な条件を大きくわけると以下の3つに分類するこができます。 業務に使用するもの 標章となるもの

商標登録できる文字や記号とは(文字商標・図形商標)

商標法において商標登録できる商標は、主に、文字、図形、記号、立体形状からなるもの、及びそれらの複合とされています。 文字や図形ならなんでも商標登録できるわけではありません。 具体的に、商標として登録できる文字や図形とはどのようなものでしょうか。 一つひとつ見ていきましょう。 文字商標とは文字の読みのこと 文字商...

色や動きも商標登録できる新しい商標とは

商標として登録できる標章としては、文字や記号が一般的でした。 実際に以前は、文字や記号のみを商標として登録していた歴史があります。 近年になって、従来の標章の範疇に収まらない新しい概念の商標がでてきました。 文字や記号などの古い概念の商標に対して新しい商標と呼ばれます。 新しい商標の登場により、メロディ、色彩、あるいは動きなども独自の商標として登録できるようにな...

小売店だけに認められている商標登録の制度がある

小売等役務商標制度は小売業や卸売業に対して特別に認められた商標登録の新基準です。 なぜ小売や卸などの流通業だけの特別な商標登録の規定が設けられたのでしょうか。 実はこの制度がスタートする前まで、小売店における商標登録は実務上難しく、十分に商標が保護されていない状況だったのです。 小売を対象にした特別な商標登録の制...

他者と区別できないものは商標登録できない

商標登録を出願しようとしても、認められない、あるいは、認められにくい商標があります。 商標法では、出願しても商標登録できないものとして、以下の3つを定めています。 他人の商品・役務と区別できないもの 公共機関の標章と紛らわしいなど公益性に反するもの

公益性に反するものは商標登録できない

商標登録を出願しようとしても、認められない、あるいは、認められにくい商標があります。 商標法では、出願しても商標登録できないものとして、以下の3つを定めています。 他人の商品・役務と区別できないもの 公共機関の標章と紛らわしいなど公益性に反するもの 先に他人が...

他人の商標は商標登録できない

商標登録を出願しようとしても、認められない、あるいは、認められにくい商標があります。 商標法では、出願しても商標登録できないものとして、以下の3つを定めています。 他人の商品・役務と区別できないもの 公共機関の標章と紛らわしいなど公益性に反するもの 先に他人が...

記述的商標は商標登録が認められにくい

「商標登録できないもの1.他者と区別できない」の中で、商品の産地、販売地、商品の品質や使い方、数量、形状などをごく単純な言い方で表したものは商標登録が認められないという話をしました。 専門用語でこのような商標のことを記述的商標と言います。 実は商標登録が認められない拒絶理由のかなり多くが記述的商標にかかわるものです。 なぜな...

一般名称や記述的な商標でも登録できるケース

商標登録を認められないケースとして以下の3つがあります。 他人の商品・役務と区別できないもの 公共機関の標章と紛らわしいなど公益性に反するもの 先に他人が登録商標しているもの、未登録でも著名商標と紛らわしいもの このうち、1.他人の商品・役務...

記事


目次から探す

索引から探す

人気の記事ランキング


新着の記事


おすすめの記事