電話

0120-966-995

0120-123-456 営業時間:平日 10:00-17:00

記事をシェア

石川県の地域ブランド」カテゴリの記事


石川県の地域ブランド 「金沢仏壇」

石川県の地域ブランド金沢仏壇が地域団体商標に登録されたのは平成18年11月です。 石川県といえば加賀100万石のお国柄。 加賀友禅に絵巻もののほどこされた漆器なども有名ですが、金沢仏壇もその流れを汲む豪華絢爛さで知られます。 石川県には、金沢のほかにも、七尾、美川という有名な仏壇の生産地があります。 なぜこれほど仏壇の生産が盛んなのか...

石川県の地域ブランド 「能登大納言」

赤くて大きく風味豊かな能登大納言。この小豆は平成20年(2008)2月29日に地域団体商標登録されました。 各地で作られている大納言小豆と比べ、能登大納言はどのような特色があるのでしょうか。 石川県の地域ブランド能登大納言の特徴など 全国に数ある大納言小豆。 その中でも奥能登地方独特の気候風土に育まれた能登大納言は、大粒で、「赤いダイヤ」と呼...

石川県の地域ブランド 「中島菜(なかじまな)」

石川県の地域ブランド中島菜(なかじまな)は、2006(平成18)年11月、能登わかば農業協同組合商標登録によって商標登録されました。 石川県内でも中島町というごく限られた地域で細々と栽培されていた野菜で、正確な由来も不明ということですが、現代科学でその驚くパワーの秘密が明らかになりました。 石川県の地域ブランド中島菜とは

石川県の地域ブランド 「七尾仏壇」

石川県の地域ブランド商標である七尾仏壇は、平成18年(2006)11月17日、七尾仏檀協同組合により地域団体商標に登録されました。 石川県の七尾仏壇は、堅牢・荘厳・華麗が特徴であるといわれています。 金箔が有名な石川県らしく、美しく輝くその佇まいに、ため息がでるほど。 そんな七尾仏壇のブランドはいかにして誕生し、現代まで守られてき...

石川県の地域ブランド 「牛首紬(うしくびつむぎ)」

石川県の地域ブランド商標である牛首紬(うしくびつむぎ)は、平成19年(2007)1月5日、石川県牛首紬生産振興協同組合によって地域団体商標に登録されました。 特殊な原料を使い、石川県のみに残る技法によって生産される牛首紬は、独特の個性を放つ地域ブランドです。 その技術とブランドが現代まで引き継がれるまでには地域の人たちの大変な苦労が...

石川県の地域ブランド 「粟津温泉(あわづおんせん)」

石川県の地域ブランド商標である粟津温泉(あわづおんせん)は、粟津温泉旅館協同組合によって地域団体商標に登録されました。 1300年の歴史を持つ温泉街です。 旅館の数はわずか13件と決して多くありませんが、そのぶん静香で、さらに、それぞれの宿が自家掘りの天然湯を持ち、400年も語りつがれる恋伝説の舞台など、ロマンチックな魅力も兼ね備えた温泉街です。 石...

石川県の地域ブランド 「加賀友禅」

石川県の加賀友禅(かがゆうぜん)は、京友禅と並び称される技巧と美しさを兼ね備えた、我が国を代表する染色技法、および、その技法によって製作された着物のことを言います。 贅沢品の最高峰として扱われ、かつて、バブルのころには加賀友禅の作家が高額納税者に名を連ねたこともあるほどです。 ところが、現在では、着物の市場そのものが縮小したことなど...

石川県の地域ブランド「金沢箔」

金や銀といった金属を叩いて紙のように薄く伸ばし、寺院仏閣や仏壇・仏具、蒔絵細工や陶磁器などの美術工芸品の装飾に使われる箔。 実は、この「箔」の生産は、石川県の金沢市が全国シェア99%を占め、ほぼ独占状態です。 もともとは、全国的に行われていた箔の生産が廃れたためだそう。 全国で廃れたなら、いったいなぜ石川県にだけ残ったのでし...

石川県の地域ブランド「九谷焼」

石川県の地域ブランド商標である九谷焼は、日本を代表する色絵陶磁器です。 国内はおろか、海外にもその名声は広く知れ渡っています。 人気の秘訣はなんといっても、極めて芸術性の高い模様にあります。 日本を代表する有名な磁器なのに謎が多く、歴史の中でいったん姿を消したこともあるようです。 石川県の誇る九谷ブランドにも紆余曲折の歴...

石川県の地域ブランド「山代温泉」「山中温泉」

石川県は全国有数の温泉どころです。 県内には、古くから温泉郷として栄えた、和倉、山代、山中、片山津といった、いずれも著名な温泉地を抱えます。 このうち、山代温泉と、山中温泉が、地域団体商標として商標登録されています。 実はこの二つの温泉、ある共通の人物がかかわっています。 石川県の山代温泉とは

記事


目次から探す

索引から探す

人気の記事ランキング


新着の記事


おすすめの記事