電話

0120-966-995

0120-123-456 営業時間:平日 10:00-17:00

記事をシェア

由来」タグの記事


由来」タグの記事67

51-60件を表示

...

34567

ネーミングをめぐる物語「NTT」

日本でNTTの名前を知らない人はほとんどいないでしょう。 私たち日本人の生活に深く根差し、日常にいつも存在し、その存在なくしては一日だって生活がままならない。NTTとはそんな会社ではないでしょうか。 いかにしてエヌティティはエヌティティになったのか。社名の認知度とは裏腹に、その経緯をご存知の方はあまり多くはないかもしれません。 エ...

ネーミングをめぐる物語「NTT Docomo」

携帯電話などの無線通信サービスを提供する国内移動体通信事業者としては最大手の「NTTドコモ」。 いまは私たちの生活になくてはならないツールとなった携帯電話やスマホですが、日本の移動体通信の先駆けとなり、業界をけん引してきたのがNTTドコモです。 そんなNTTドコモの歴史を振り返り、ルーツを探ってきました。 docomoは「どこでも」からとった?

ネーミングをめぐる物語「エネオス」

遠くからでもよく見えるオレンジ色の看板のガソリンスタンド「エネオス」。 近年は給油だけでなく車の点検や整備など総合的なカーケアサービスを実施ており、ドライバーなら一度は訪れたことがあるはずです。 その商標の由来や、特徴的な看板にはどのような意味合いがあるのでしょうか。 今回はエネオスの歴史を追っていきます。 店舗数トップのガソリンスタンド...

ネーミングをめぐる物語「F1」

広いサーキットを疾風のごとく駆け抜けるフォーミュラカーの迫力を体感したことがあるでしょうか。 流線型の美しいフォルムの車体が爆音を轟かせながら風のように通り抜けていく様は観ていて胸が熱くなります。 カーレースの最高峰である「エフワン(フォーミュラワン)」。 しかし、エフワンの商標は誰が管理しているのでしょうか。 今回は、エフワンの...

ネーミングをめぐる物語「オリンパス」

光学機器、電子機器メーカーの「オリンパス」。 家電メーカーとはまた違った専門性の高い製品や、プロの仕事に役立つ製品づくりを目指す、ちょっと玄人好みのメーカーと言えるかもしれません。 今回はオリンパスの歴史とその名の由来についてお話をいたします。 オリンパスの創業から現在まで オリンパスは、1919年に顕微鏡や体温計...

ネーミングをめぐる物語「伊右衛門」

心地よい苦みが魅力の緑茶飲料「伊右衛門」は、サントリーグループの商品としては比較的新しいものであるにも関わらず人気商品として世間に広まりました。 現在ではカロリーの燃焼を助け、カフェインゼロの「伊右衛門 特茶」という商品も発売されています。 瞬く間にSUNTORYの主軸ブランドに成長した伊右衛門。 その人気と誕生の秘密に迫ります。 老舗茶商とのコラボレーションにより誕生した商品

商標登録の前に、そもそも「商標」とはなにか

(1)商標とは何? 商標とは、「目印」(マーク)のこと お使いを頼まれた子供が識別できるか? 主な商標の形 「お店の名前」や「お店の看板」も商標です 会社名(商号)も商標です 「...

ネーミングをめぐる物語 「キリン」

キリンホールディングスの中核企業であり、日本におけるお酒と清涼飲料水の一大ブランドであるキリン。 同社のシンボルマークは想像上の動物「麒麟(きりん)」です。 ビールのラベルにデザインされた姿はおなじみです。 いったいなぜ同社の商標がキリンになったのか、商標の由来を知ると意外なことがわかります。 キリンラベルの誕生

ネーミングをめぐる物語 「クロネコヤマト」

街を走るトラックにつけられたクロネコマークは、ヤマト運輸の商標としておなじみです。 日本における運送業の大手企業ですが、そもそもなぜシンボルマークが“クロネコ”なのでしょうか。 その歴史と商標の由来を調べてみると意外なことがわかりました。 クロネコマークの由来 ヤマトグループは現在、運輸業、宅配事業、引っ越し事業...

ネーミングをめぐる物語 「アース」

アース製薬は、家庭用殺虫剤のメーカーとして有名ですが、そのほかに園芸用品、オーラルケア用品、入浴剤、芳香剤などの分野でもトップ企業です。 また、いまや世界70ヵ国以上に進出するグローバル企業でもあります。 今回はそんなアース製薬の社名の由来について調べてみました。 商標の由来 アース製薬という名前の由来は、創業当...

由来」タグの記事67

51-60件を表示

...

34567

記事


目次から探す

索引から探す

人気の記事ランキング


新着の記事


おすすめの記事