電話

0120-966-995

0120-123-456 営業時間:平日 10:00-17:00

記事をシェア

ネーミング」タグの記事


ネーミング」タグの記事59

21-30件を表示

12345

...

ネーミングをめぐる物語「リポビタンD」

大正製薬から発売されているリポビタンDは、50年以上たった今でも年間386億円を売り上げている商品です。 今回はロングセラー商品、リポビタンDのネーミングのお話です。 名前は2つの言葉と1つの文字の造語 リポビタンDの原型として「リポビタン」と言う商品があり、錠剤とアンプル剤の2種類がありました。

ネーミングをめぐる物語「アルパイン」

カーオーディオやカーナビゲーションのメーカーとして有名なアルパイン。 アルプス電気の子会社ですが、アルパインという変わった社名の由来はどういったところにあったのでしょうか。 今回はアルパインの社名の由来について追ってみました。 アルプス電気とモトローラの合弁会社としてのスタート アルパインは、1967年に電子部品メ...

ネーミングをめぐる物語「アルプス電気」

電子部品メーカーとして世界にその名を轟かせるアルプス電気。 アルプス電気の「アルプス」とはいったいどのような思いを込めたネーミングだったのか。 今回は世界的にも有名なアルプス電気の由来について調べてみました。 最初は小さな町工場から 現在はエレクトロニック部品分野において、その名を知らぬ者はいないほどビッグネ...

ネーミングをめぐる物語「アヲハタ」

あまーいシロップに漬かった果実が詰まったフルーツ缶。 愛好家は少なくないと思います。 今回の記事はそんなフルーツ缶を製造・販売しているアヲハタの社名の由来について追ってみました。 キユーピーの創業者が始めた「アヲハタ」 アオハタの歴史は1932年まで遡ります。 キユーピー創設者である中島董一郎が全額出資で設立した...

ネーミングをめぐる物語「オロナイン」

ヤカンに触ってやけどした、「オロナイン、塗っときなさい」 転んで擦りむいた、「薬箱にオロナインがあるでしょ」 生傷の絶えない子供のころ、耳にしたことがある会話です。 大塚製薬が誇る人気商品「オロナイン」にまつわる話をご紹介します。 1953年、徳島で生まれたオロナイン オロナインを製造する大塚製薬は鳴門の塩業か...

ネーミングをめぐる物語「カゴメ」

トマトケチャップと言えばカゴメです。 社名の由来はロゴマークにあります。 カゴメがいかにしてカゴメになったのでしょうか。 今回はカゴメのロゴマークと社名の由来について歴史を振り返りつつ追ってみましょう。 創業の歴史は明治・大正まで遡る 創業者の蟹江一太郎が1899年に名古屋の農業...

ネーミングをめぐる物語「カシオ計算機」

電子計算機を世界ではじめて量産したカシオ計算機株式会社。 現在は計算機だけでなく、時計などの生産も行なっています。 今回は、カシオの社名の由来を、その歴史とも照らし合わせて考えていこうと思います。 社名は創業者の名前から 1946年に樫尾忠雄が東京都三鷹市に樫尾製作所を設立します。 機械式計算機が主流だっ...

ネーミングをめぐる物語「キューピー」

キューピー人形で有名なマヨネーズメーカーのキユーピー。 正しい商標は、「キューピー」ではなくて「キユーピー」であることはご存知でしょうか。 今回はキユーピーがいかにして「キユーピー」になったのか、その歴史と共に紐解いていきましょう。 洋食の流行がマヨネーズ普及の追い風に キユー...

ネーミングをめぐる物語「ゴキブリホイホイ」

殺虫剤や衛星薬品の製造、販売を行なっていることで有名な日用品製造のメーカー、アース製薬株式会社が開発した「ごきぶりホイホイ」。 ストレート且つインパクトが強いそのネーミングに秘められた開発者たちのドラマをご存知でしょうか。 今回は、ごきぶりホイホイが生まれた経緯と、そのネーミングの由来を追います。 ホイホイと簡単にはいかなかった、ごきぶりホ...

ネーミングをめぐる物語「出光」

ガソリンスタンドの名称でお馴染みの出光。給油のみならず、オイル交換やカー用品の販売など、お世話になっている人は多いのではないでしょうか。 今回は出光の社名とロゴについて調べてみました。 正式名称は「出光興産株式会社」 出光という通称が有名ですが、正式名称は出光興産株式会社です。

ネーミング」タグの記事59

21-30件を表示

12345

...

記事


目次から探す

索引から探す

人気の記事ランキング


新着の記事


おすすめの記事