電話

0120-966-995

0120-123-456 営業時間:平日 10:00-17:00

記事をシェア

東北地方の登録商標」タグの記事


青森県の地域ブランド 「たっこにんにく」

たっこにんにくは日本一のにんにく産地として知られる青森県はその名も田子町(たっこまち)でうまれた地域団体商標です。 商標登録したのは平成18年10月27日。 地域団体商標としては東北で初でした。 青森県の土壌が生んだたっこにんにくとはどのような地域ブランドなのでしょうか。 青森県のたっこにんにくとは

秋田県の地域ブランド 「秋田由利牛」

秋田県の名産、秋田由利牛は、昭和58年に誕生した比較的に新しい地域ブランドです。 秋田県の高原地域は、きれいな水と豊かな牧草地、寒暖の激しい気候など放牧に適した環境をもちながら、県内では牛肉食がさかんではないため、子牛の生産が主で、県内の独自ブランドはありませんでした。 そこで全国にアピールするために、

岩手県の地域ブランド 「真崎わかめ」

岩手県の地域ブランド真崎わかめは平成20年2月8日、田老町漁業協同組合によって地域団体商標に登録されました。 岩手県はわかめ生産量日本一を誇り、中でも真崎わかめは岩手県宮古市田老だけで扱われる高級わかめとして知られます。 どの地域のわかめも同じ海の中にあるのになぜ真崎わかめは特別なブランドになっていったのでしょうか。

山形県の地域ブランド 「刈屋梨」

山形県の地域ブランド商標である刈屋梨(かりやなし)は、平成19年(2007)1月12日、庄内みどり農業協同組合によって地域団体商標に登録されました。 山形県酒田市の刈谷地区産の刈谷梨は、品種でいうと、幸水、豊水、新水など、国内でよく栽培される品種で特別珍しいものではありません。 にもかかわらず、刈谷産の梨は特別なブランド力を持っています。 なぜ、なんの変哲...

福島県の地域ブランド 「土湯温泉(つちゆおんせん)」

福島県の地域ブランド商標である土湯温泉(つちゆおんせん)は、土湯温泉旅館事業協同組合によって地域団体商標に登録されました。 福島県の地域ブランド商標、土湯温泉とは 土湯温泉の概略 福島県の誇る磐梯朝日国立公園のどまんか、渓流・荒川沿いに広がる自然豊かな温泉郷です。 温泉法に基づき、環...

福島県の地域ブランド 「南郷トマト」

福島県の地域ブランド商標である南郷トマト(なんごうとまと)は、平成19年(2007)1月5日、会津みなみ農業協同組合(2016年12月19日現在は、会津よつば農業協同組合に統合されている)によって地域団体商標に登録されました。 南郷トマトは、福島県南会津郡下郷町・南会津町・只見町で生産され、会津みなみ農業協同組合のトマト選果場において選別出荷されるトマトのことです。 ...

山形県の地域ブランド 「平田赤ねぎ」

山形県酒田市の地域ブランド商標である平田赤ねぎ(ひらたあかねぎ)は、庄内みどり農業協同組合によって地域団体商標に登録されました。 山形県の平田赤ねぎは、その名の通り、真っ赤なねぎです。 ごく最近まで、市場に出荷されず、農家の自家使用のため細々と栽培されてきた知る人ぞ知る野菜でした。 個性的なねぎを地元の特産品にしようと奮闘...

岩手県の地域ブランド 「いわて短角和牛」

岩手県の地域ブランド商標であるいわて短角和牛(たんかくわぎゅう)は、平成19年(2007)3月2日、全国農業協同組合連合会によって地域団体商標に登録されました。 短角という割には立派な角をしており、食肉だけでなく闘牛などでもつ活躍しています。 四肢堅牢で病気や寒暖にも強く、もともとは荷役牛として重宝されていたそうです。 そんな牛が...

宮城県の地域ブランド「仙台味噌」

宮城県味噌醤油工業協同組合(宮城県仙台市青葉区一番町二丁目11番1号)は、2007年3月16日、「仙台味噌」、「仙台みそ」を地域団体商標に登録しました。 宮城県の名産品、仙台味噌は赤みその代表格として全国的に知られています。 ブランドが確立したのは戦国時代。 その背景には、戦国武将として知られた宮城県の英雄がかかわっているそうです...

山形県の地域ブランド「米沢牛」

山形県の地域ブランド「米沢牛」は、山形おきたま農業協同組合(山形県東置賜郡川西町大字上小松978-1)によって地域団体商標に登録されています。 松坂牛、神戸ビーフ、近江牛、前沢牛などとともに、日本3大ブランド肉の一つに数えられる山形県屈指の特産品です。 そんな米沢牛が山形県を代表するブランド商標に育った背景には、2人の功労者の...

記事


目次から探す

索引から探す

人気の記事ランキング


新着の記事


おすすめの記事