電話

0120-966-995

0120-123-456 営業時間:平日 10:00-17:00

記事をシェア

東京都の地域ブランド 


東京都の地域ブランド 「東京銀器」

東京都の地域ブランド東京銀器は、平成20年2月15日、東京金銀器工業協同組合によって地域団体商標登録されました。

銀製品といえばヨーロッパというイメージがありますが、実は日本でも生産の歴史は古く、少なくとも延喜式(916年)には銀を素材とした銀器についての記録が残っています。

中でも東京都では、江戸と呼ばれていたころから、工芸的にも優れた製品がたくさん生産されていました。

東京都の地域ブランド東京銀器とは

銀器製造はおもに江戸期に発達し、器物、置物、洋食器、仏具、身辺細貨など、日常生活で幅広く利用されて、現在でもほとんどが東京で作られています。

経済産業大臣により伝統的工芸品にも指定されています。

これによれば、東京銀器の特徴的な技法は以下の通りです。

  1. 成形は、金槌とアテ道具を使い、一枚の板状の素材を叩いて行う。
  2. 部分接合は、銀鑞付け(銀を溶かして接着剤として使い固着させる)が基本で、カシメ鋲止め(いわゆるリベット)などで行う。
  3. 加飾(飾りを加えること)は、金槌、またはタガネを用いる。
  4. 色仕上げは、煮込み法(薬液で煮込み、酸化皮膜をつくることで発色する方法)、金古美液(きんこびえき)、タンパン古美液を用いる。*古美液とは硫化剤のことで、銀表面に化学反応をこし、いわゆるいぶし銀と呼ばれる色をつくりだす。

また、東京銀器には純度1000分の925以上の銀が使われます。

東京の地域ブランド東京銀器の歴史

銀器の歴史は古く、少なくとも延喜式(916年)には、銀製の食器や酒器についての記録があります。

また、江戸時代の職人の仕事を描いた「人倫訓蒙図彙」(じんりんきんもうずい、1690年)にも、 銀器を作る銀師(しろがねし)の姿が描かれています。

とくに発展したのは、江戸時代で、かんざし、櫛、きせるなどに使われるようになったことです。

さらに、慶応三年(1867)にはパリ万国に江戸の銀師が作った銀食器が紹介され、その繊細な細工、美しい仕上がりが世界を驚かせました。

江戸で発達した銀器生産は、現代になって東京銀器として受け継がれています。

参考:
東京金銀器工業協同組合
東京の伝統工芸品(東京都産業労働局)
葛飾区伝統産業職人会

東京銀器の商標登録情報

登録日 平成20年(2008)2月15日
出願日 平成18年(2006)10月13日
先願権発生日 平成18年(2006)10月13日
存続期間満了日 平成30年(2018)2月15日
商標 東京銀器 標準文字商標
称呼 トーキョーギンキ
権利者 東京金銀器工業協同組合
区分数 3
第8分類 東京産の銀製スプーン・フォーク及び洋食用ナイフ【類似群コード】13A01、19A05
第14分類 東京産の銀製キーホルダー,銀製食器類、銀製くるみ割り器・こしょう入れ・砂糖入れ・塩振出し容器・卵立て・ナプキンホルダー・ナプキンリング・盆及びようじ入れ,銀製ろうそく消し及びろうそく立て,銀製宝石箱,東京産の銀製花瓶及び水盤,銀製記念カップ,銀製記念たて,銀製身飾品,銀製コンパクト,銀製時計,銀製喫煙用具,銀製置物【類似群コード】13C02、19A03、19A05、19B27、20A01、20C01、20C02、20E01、21A02、21B01、21F01、23A01、27B01
第20分類 東京産の銀製家具,銀製葬祭用具,銀製額縁【類似群コード】20A01、20F01、26B01

商標登録の経験を積んだ弁理士は、圧倒的に東京に一極集中しています。
このため、地方の事業主の方々においても、商標登録は、東京の事務所にご依頼されることをお勧めしております。
地方の事業主でも商標登録は東京の弁理士に依頼すべき3つの理由

私たちアイリンク国際特許商標事務所は、中小零細企業や個人事業主さまを応援しています↓


2016年12月21日 作成
2017年10月16日 更新

次のページ東京都の地域ブランド 「江戸指物」

「商標登録されている地域ブランド」 の記事


「商標登録されている地域ブランド」の目次へ

こんな記事も読まれています