電話

0120-966-995

0120-123-456 営業時間:平日 10:00-17:00

記事をシェア

徳島県の地域ブランド 


徳島県の地域ブランド 「渭東ねぎ(いとうねぎ)」

徳島県の地域ブランド商標である渭東ねぎ(いとうねぎ)は、徳島市農業協同組合によって地域団体商標に登録されました。

渭東ねぎは、徳島県の地域団体商標登録第一号で、四国全体の初登録でもあります。

東日本での知名度はいまひとつですが、京阪神では圧倒的なブランド力を誇り、徳島県を代表する産物の一つに数えられます。

徳島県の渭東ねぎとは

徳島県徳島市渭東地区で栽培される青ネギの一種で、徳島県内で生産されるねぎの約8割を占める特産品です。

ねぎは香りの強い野菜というイメージがあると思いますが、渭東ねぎの香りはさらに強く、生産地に近づくと車に乗っていてもねぎの香りがわかるほどです。

葉の部分まで食べられ、香りとともに甘みが強いのも特徴です。

収穫できるのは70cmぐらいに伸びたころで、普通のねぎ比べてやや長め。

このため、生育に時間がかかり、種をまいてから出荷できるまでに3~4カ月かかります。

徳島県の渭東ねぎの歴史

渭東地区でねぎの生産が本格化したのは戦後のことです。

きっかけは、1946年に発生した南海地震です。

地域の地盤が沈み、塩害が発生したことで、稲作ができなくなりました。

窮余の策として、砂地でも生産できるねぎを栽培することにしたのです。

また、ねぎを特産品にするため、地域の生産者が協力し、土地の高度利用による周年栽培に取り組みました。

このことが、渭東地区をねぎの一大産地として発展させる要因になりました。

通常ねぎの収穫は年1回ですが、渭東地区では、地域の生産者が種まきの時期をずらし順繰りに生産することで、年間を通して渭東ねぎを供給できるようにしたのです。

旬の時期に一斉に出回ると価格が値崩れしてしまうだけでなく、ねぎだけでは農業経営が賄えないので、他の作物も育てなければなりませんので、相対的に収量が落ちます。

その点、渭東ねぎの生産者はねぎだけ栽培していればよく、面積当たりの栽培効率は向上します。

通常のねぎ農家に比べて、渭東地区のねぎの出荷量は面積あたり2.5倍に達するということです。

また、年間を通して出荷することで価格も安定し、経営的にメリットが大きくなります。

こうして、渭東地区はねぎの一大供給地として育ったわけです。

参考:
とくしま応援プロジェクト
旅ぐるたび
JA全農とくしま
おどる宝島なっ!とくしま
徳島新聞

渭東ねぎの商標登録情報

登録日 平成18年(2006)12月22日
出願日 平成18年(2006)5月18日
先願権発生日 平成18年(2006)5月18日
存続期間満了日 平成28年(2016)12月22日
商標 渭東ねぎ
称呼 イトーネギ
権利者 徳島市農業協同組合
区分数
第31分類 徳島市渭東産のねぎ【類似群コード】32D01

商標登録の経験を積んだ弁理士は、圧倒的に東京に一極集中しています。
このため、地方の事業主の方々においても、商標登録は、東京の事務所にご依頼されることをお勧めしております。
地方の事業主でも商標登録は東京の弁理士に依頼すべき3つの理由

私たちアイリンク国際特許商標事務所は、中小零細企業や個人事業主さまを応援しています↓


2017年01月10日 作成
2017年11月16日 更新

次のページ香川県の地域ブランド 「庵治石(あんじいし)」

「商標登録されている地域ブランド」 の記事


「商標登録されている地域ブランド」の目次へ

こんな記事も読まれています