電話

0120-966-995

0120-123-456 営業時間:平日 10:00-17:00

記事をシェア

佐賀県の地域ブランド 


佐賀県の地域ブランド 「佐賀のり」

佐賀県の地域ブランド商標である佐賀のり(さがのり)は、佐賀県有明海漁業協同組合によって地域団体商標に登録されました。

佐賀は海苔の生産量・販売額で圧倒的な日本一。

なんと、全国で生産される海苔の25%が佐賀県産です。

生産量だけでなく、味や品質もトップブランドです。

なぜ佐賀県では良質の海苔がそれだけ大量に獲れるのでしょうか。

佐賀県の地域ブランド佐賀のりとは

品種は同じなのにトップブランド

佐賀県の佐賀のりは、色艶や香りがよく、甘みを含んだ独特の旨みと口どけのよさが特徴です。

日本全国の海のどこで獲れても海苔は海苔。

佐賀のりも特別な品種というわけではありません。

にもかかわらず、なぜ佐賀のりは全国的なブランドを確立しているのでしょうか。

その秘密は、佐賀のりの養殖が行われている広大な有明海にあります。

有明海は、佐賀県のほかに、長崎、熊本、福岡県に接する内海で、日本最大の干潟でもあります。

1997年、干拓のために設置した堤防を外海と遮断する“ギロチン映像”が記憶に残る国営諫早湾干拓事業で有名になった諫早湾も有明海の一部。

あの干拓事業でさも有明海の干潟がなくなってしまったようなイメージをもっている人もいるようですが実際に干拓されたのはごくわずかで、まだまだ広大な干潟が残っています。

有明海で高品質な海苔が育つわけ

さて、この有明海ですが、日本の湾の中でも干満の差の大きさ、流入河川の多さ、塩分濃度において、特有の湾であり、特有の自然環境が海苔の生育に大きく影響しています。

1.干満の差の大きさ

有明海は、干潮時と満潮時の水面の高さの差が最大で6mに達するといわれます。

6メートル!

ちょっとしたビルの高さぐらいあります。

この干満の差により、海苔の養殖のため、海中に設置されている海苔網が水面にもぐったり海面から浮き上がったりします。

これが、高品質の海苔を生み出す一つ目の条件です。

海苔は海藻の一種です。

植物ですから、日光による光合成を行うことが生育にとても大きな影響を受けます。

したがって、満潮時に海からの栄養を受けつつ、干潮になると太陽の光を直接浴びることができるため、普通の海苔よりたくさんの養分を受けとることができるわけです。

2.有明海に注ぐ河川の多さ

有明海は広大な港湾であり、九州最大の川である筑後川をはじめ多くの河川からの水が流れ込んでいます。

川の上流から運ばれてくる栄養分で有明海が満たされるわけです。

それだけではありません。

真水が大量に注がれることで湾内がほどよい塩分濃度になり、これがよい海苔が育つための条件を満たしているのです。

佐賀県の地域ブランド佐賀のりの歴史

佐賀のりの養殖が本格的に始まったのは昭和28年頃と言われています。

戦後のことであり、歴史は意外に新しいのです。

新参者といえる佐賀のりですが、前述したとおり、有明海の自然が海苔の養殖場として最適な環境をもたらし、海苔の収穫はどんどん増えていきました。

佐賀のりの隆盛を決定づけたのは、昭和43年から始まった集団管理方式だと言われています。

この前年、干潟の異常干ばつによって養殖海苔が大きな被害を被ったことから、県と漁連が連携し、海苔養殖場の区画整理を改めて徹底しました。

潮の流れを確保することで病害のリスクを減らすためです。

さらに、漁連と漁協は、漁場環境の改善、養殖技術の指導、冷凍網の導入などの対策を実施。

海苔の生産に影響を与える天候や潮の状況を毎日情報発信する取り組みも始めました。

こうして、集団管理により増産に成功する一方、県は昭和49年、「うまい佐賀海苔つくり運動」を打ち出し、生産量だけでなく品質を向上させる取り組みに着手しました。

こうした努力の成果によって、昭和51年、佐賀のりは平均単価で全国一位を獲得。

生産量と品質の両方を獲得し、まさにトップブランドを確立したのです。

参考:
佐賀県有明海漁業協同組合 トップページ
佐賀のりの特徴
佐賀市地域文化財データベースサイト さがの歴史・文化お宝帳
特定非営利活動法人有明海再生機構

佐賀のりの商標登録情報

登録日 平成4年(1992)12月25日
出願日 平成1年(1989)9月5日
先願権発生日 平成1年(1989)9月5日
存続期間満了日 平成34年(2022)12月25日
商標 佐賀海苔
称呼 サガノリ,サガ
権利者 佐賀県有明海漁業協同組合
区分数
第29分類 干しのり【類似群コード】32F02
登録日 平成20年(2008)10月24日
出願日 平成19年(2007)10月23日
先願権発生日 平成19年(2007)10月23日
存続期間満了日 平成30年(2018)10月24日
商標 佐賀海苔\有明海一番
称呼 サガノリアリアケカイイチバン,サガノリ,アリアケカイイチバン
権利者 佐賀県有明海漁業協同組合
区分数
第29分類 佐賀県産の干しのり,佐賀県産の焼きのり,佐賀県産の味付けのり【類似群コード】32F02

商標登録の経験を積んだ弁理士は、圧倒的に東京に一極集中しています。
このため、地方の事業主の方々においても、商標登録は、東京の事務所にご依頼されることをお勧めしております。
地方の事業主でも商標登録は東京の弁理士に依頼すべき3つの理由

私たちアイリンク国際特許商標事務所は、中小零細企業や個人事業主さまを応援しています↓


2016年12月23日 作成
2017年10月27日 更新

次のページ長崎の地域ブランド 「長崎カステラ」

「商標登録されている地域ブランド」 の記事


「商標登録されている地域ブランド」の目次へ

こんな記事も読まれています