電話

0120-966-995

0120-123-456 営業時間:平日 10:00-17:00

記事をシェア

京都府の地域ブランド 


京都府の地域ブランド 「京味噌」

古都京都の1200年の歴史に育まれた地域ブランド「京味噌」。

平成19年4月6日、京都府味噌工業協同組合によって地域団体商標に登録されました。

別名、白味噌、西京味噌とも言います。

京料理に欠かせない調味料、京味噌はいかにして誕生したのでしょうか。

京都の地域ブランド京味噌とは

低塩で米麹のまろやかな甘みが特徴と言われます。

色は白色で、きめが細かく、料理にはもちろん、お菓子の素材としても重宝されます。

京都府味噌工業協同組合によると、京味噌と呼べるものは下記の要件をクリアしたものです。

1.京味噌の条件とは

  • 京都府味噌工業協同組合に所属する企業が製造していること。
  • 同組合の認定する原料を使用し、京都府内で生産すること。
  • 同組合の品質認定を受けること。
  • 京味噌伝統の低塩甘口の白みそであること。

2.京味噌の品質認定とは

  • 京味噌の品質認定は、京都府味噌工業協同組合内に設置する品質審査委員会において実施する。
  • 品質認定において認められた商品のみが京味噌の商標を使用できる。

3.京味噌の製造企業になるには

  • 次のうちのいずれかに該当しなければ京味噌の製造はできない。
  • 京都府内で創業50年以上、もしくは味噌技能士1級以上の技術者が在職していること。
  • 全国味噌協同組合連合会主催の鑑評会で表彰されている、またはそれと同等の製造技術を有していること。

このような非常に厳しい管理のもとで京味噌は製造されているのです。

京都の京味噌の由来

京料理といえば、独特の地場野菜である京野菜、乾物、豆腐や湯葉を始めとする大豆加工食品といった淡白な素材を使い、素材の味を引き出す薄味に仕上げ、また、味だけでなく見た目の美しさにも細心の気を配ることで知られます。

そんな京料理を引き立たせる調味料として、京味噌の製法は発展しました。

米麹をより多く使うことでまろやかな味になり、また、通常の味噌は塩分が10%以上含まれるところ京味噌は5%以下に抑えることで、コクのある甘口の味噌になります。

京味噌は別名、西京味噌とも呼ばれます。

これは、明治維新によって江戸が東京(東の都)となったことで、京都を西京(西の都)と呼ぶようになったことに由来します。

京都の京味噌はなぜ白い

京都の白味噌はなぜ白いのでしょうか。

答えは、大豆の色そのままだからです。

白味噌が白い理由ではなく、淡色味噌や赤味噌はなぜ色がつくのか、という視点で見るとわかりやすくなります。

原料の大豆は白いのに、味噌になると色がつくのは、大豆たんぱくに含まれるアミノ酸に原因があります。

色付きの味噌は大豆を蒸すことで、アミノ酸が糖と科学反応を起こして褐色に変化するのです。

これに対して、白味噌は大豆を煮るので、アミノ酸が湯に解けだし、化学反応が抑えられます。

さらに、白味噌の中でも京味噌は塩分を極端に抑えているので熟成期間が短いことも関係しています。

煮ると化学反応が起こりにくいといっても熟成しているうちに少しずつ色づいていきますが、熟成期間の短い京味噌は反応が起きるまえに製品化されるので、大豆の白色を保ったままなのです。

参考:
京都府味噌工業協同組合 西京味噌について
THE BRAND 京都

京味噌の商標登録の状況

登録日 平成19年(2007)4月6日
出願日 平成18年(2006)4月1日
先願権発生日 平成18年(2006)4月1日
存続期間満了日 平成29年(2017)4月6日
商標 京味噌 (標準文字商標)
称呼 キョーミソ
権利者 京都府味噌工業協同組合
第30分類 京都産の味噌 【類似群コード】31A01

商標登録の経験を積んだ弁理士は、圧倒的に東京に一極集中しています。
このため、地方の事業主の方々においても、商標登録は、東京の事務所にご依頼されることをお勧めしております。
地方の事業主でも商標登録は東京の弁理士に依頼すべき3つの理由

私たちアイリンク国際特許商標事務所は、中小零細企業や個人事業主さまを応援しています↓


2016年12月21日 作成
2017年11月13日 更新

次のページ京都の地域ブランド 「京たたみ」

「商標登録されている地域ブランド」 の記事


「商標登録されている地域ブランド」の目次へ

こんな記事も読まれています