電話

0120-966-995

0120-123-456 営業時間:平日 10:00-17:00

記事をシェア

兵庫県の地域ブランド 


兵庫県の地域ブランド 「播州織」

兵庫県の内陸部に位置する西脇市とその隣の多可町を中心に発展してきた播州織は、平成20年2月8日、播州織産元協同組合、兵庫県繊維染色工業協同組合、播州織工業組合の連名で地域団体商標登録されました。

飽きのこないシンプルな柄、鮮やかな発色、肌触りのよさなどから、現代のファッションや生活スタイルにもマッチし、被服や日用品など身の回りのものに幅広く利用されています。

播州織はいかにして兵庫県の地域ブランド商標になったのでしょうか。

兵庫県の地域ブランド播州織とは

兵庫県の特産品、播州織の最大の特徴は、糸を先に染めた上で、色付き糸を2種類以上組み合わせて柄をつくる先染織物という手法を使っていることです。

先染織物は播州織独特の手法で、現在でも国内産の先染織物の80%のシェアを兵庫県で占めています。

後染織物やプリントと異なり、複雑な模様は表現できませんが、シンプルな縞模様やチェック柄であることが逆に利点となり、流行り廃りに惑わされることなく、いつの時代も身近な織物として親しまれるようになったのです。

兵庫県の地域ブランド播州織の歴史

一人の宮大工の知恵と地の利が生んだ織物

兵庫県の播州織の発祥は約220年前、京都で宮大工の知識を学んだ飛田安兵衛が帰京したことに始まります。

腕のよい宮大工となった安兵衛ですが、播州の田舎ではその技術を生かす機会がそうそうあるわけではありません。

そこで安兵衛は、学んだ技術を転用し、自家製の機織り機を開発しました。

この機織り機の性能がよかったのでしょう。

地域の農家が次々に買い求め、閑農期の副業として機織りが根付いていったのです。

もともと、兵庫県の中部は、温暖な気候から綿花栽培が盛んで、また、加古川、杉原川、野間川などの豊富な水資源に恵まれ、染色に必要な大量のきれいな水が確保できます。

こうした地の利が、織物生産の下地として整っていたのです。

兵庫県から世界に羽ばたくブランドへ

明治時代になると、国の殖産興業の方針にのっとり、西脇市を中心に織物生産の育成が図られました。

それまでは家内制手工業によって生産されていましたが、大規模な工場生産に切り替えたのです。

江戸時代まで、播州織は「播州縞」の愛称で知られていました。

2色以上の異なる糸を使うことで現れる独特の縞模様が所以です。

明治時代になり、工業化を推し進める際に「播州織」として改めてブランド化を図りました。

他地域には見られない先染織物のもつ独特の風合いや鮮やかな色合いから、播州織は全国的な人気商品になり、さらに、国を代表する輸出品として海外にもいきわたるようになりました。

兵庫県の地域ブランド播州織の現在

播州織は兵庫県の西脇市、多可町を中心に、現在ではその周辺の加西市、加東市、丹波市にも生産が広がり、4市1町で製造してします。

とはいえ、繊維産業そのものが、生産コストの安い海外が中心になったため、播州織の生産量も減少傾向が続いています。

そこで、播州織の新たな発展の道を探るため、地元の繊維業者が中心になり、多品種・小ロットの生産に対して迅速な対応を可能にする「アレンジワインダー」と呼ばれるシステムを世界で初めて開発しました。

このシステムは平成17(2005)年、すぐれた技術の発明に対して送られる「第1回ものづくり日本大賞」で最優秀賞に相当する内閣総理大臣賞を受賞しています。

まだまだ復活への道のりの緒についたばかりですが、播州織の新たな歴史がこれから紡がれていくことになるでしょう。

播州織の商標登録情報

1.標準文字商標

登録日 平成20年(2008)2月8日
出願番号 商願2007-17119
出願日 平成19年(2007)2月28日
先願権発生日 平成19年(2007)2月28日
存続期間満了日 平成30年(2018)2月8日
商標 播州織(標準文字商標)
称呼 バンシューオリ
権利者 播州織産元協同組合、兵庫県繊維染色工業協同組合、播州織工業組合
区分数 1
第24分類 兵庫県西脇市・加西市・加東市・丹波市及び多可郡多可町で生産される先染め織物【類似群コード】16A01、16A03

2.ロゴ商標

登録日 平成20年(2008)4月4日
出願日 平成19年(2007)2月28日
先願権発生日 平成19年(2007)2月28日
存続期間満了日 平成30年(2018)4月4日
商標 §B∞播州織\BAnSHU ORI
称呼 ビイ,バンシューオリ
権利者 播州織産元協同組合、兵庫県繊維染色工業協同組合、播州織工業組合
区分数 2
第24分類 兵庫県西脇市・加西市・加東市・丹波市及び多可郡多可町で生産される先染め織物,身の回り品,敷布,布団カバー,布団側,まくらカバー,テーブルナプキン,ふきん,のぼり及び旗,いすカバー,壁掛け,カーテン,テーブル掛け,布製ラベル【類似群コード】16A01、16A03、17B01、17C01、19A05、19A06、19B22、20C01、25B01
第25分類 兵庫県西脇市・加西市・加東市・丹波市及び多可郡多可町で生産される先染め織物からなる洋服,コート,ワイシャツ類,寝巻き類,下着,和服,アイマスク,エプロン,ショール,スカーフ,足袋,ネクタイ,ネッカチーフ,バンダナ,マフラー,ずきん,帽子,靴類,草履類,運動用特殊靴【類似群コード】17A01、17A02、17A03、17A04、17A07、22A01、22A03、24C01、24C04

商標登録の経験を積んだ弁理士は、圧倒的に東京に一極集中しています。
このため、地方の事業主の方々においても、商標登録は、東京の事務所にご依頼されることをお勧めしております。
地方の事業主でも商標登録は東京の弁理士に依頼すべき3つの理由

私たちアイリンク国際特許商標事務所は、中小零細企業や個人事業主さまを応援しています↓


2016年12月21日 作成
2017年10月13日 更新

次のページ兵庫県の地域ブランド 「三木金物」

「商標登録されている地域ブランド」 の記事


「商標登録されている地域ブランド」の目次へ

こんな記事も読まれています