電話

0120-966-995

0120-123-456 営業時間:平日 10:00-17:00

記事をシェア

商標侵害事件」タグの記事


キャンギャルの偽衣装を販売した女を商標法違反で逮捕

埼玉県警生活安全課と大宮署は、2016年5月19日、イベントなどで使用された衣装と偽り、衣装を販売したとして、東京都在住の無職の女を逮捕しました。 罪状は商標法違反です。 商標法は主に経済にかかわる法律ですが、実は刑事罰が科されることもあるのです。 インターネットオークションで偽物を販売した商標法違反 商標法の...

商標登録しないまま商標を使っていることのリスク

商標登録することにより、手数料がかかるとか登録後の管理運用の手間がかかるなど若干のデメリットがないではありません。 *詳しくは、[POST_LINK id="255"]にまとめてあります。 それでも商標登録をお勧めする理由は、商標登録しないまま商標を使い続けていることのデメリットがはるかに大きいからです。 具体的に商標登録しないまま商...

マイクロソフト社のアプリケーションソフトに似せたロゴを使用して逮捕

マイクロソフト社の人気アプリケーションであるマイクロソフトオフィスプロのロゴを模倣したとして7月25日、販売業者の男が商標法違反で逮捕されました。 有名企業の人気商品のロゴやパッケージを模倣し、偽の商品を買わせることで商標法違反に問われるケースは珍しくありません。 しかし、男はソフトそのものを販売しておらず、客が手にしたのは正規のMSオフ...

大阪の男性が商標侵害でUSJを提訴した理由と今後の行方

USJが販売しているグッズに、自分の商標が無断で使われているとして、ファッションブランドを運営する大阪の男性が、販売差し止めと損害賠償を求めて大阪地裁に提訴。10月12日に第一回の口頭弁論が行われました。 よくある商標侵害訴訟ではありますが、今回のケースで特異なのは、商標を侵害されたと訴える男性のブランドに比べて、訴えられたUSJ側が知名度、ブラ...

商標「無印良品」で本家が中国の現地企業に敗訴した轍を踏まないために

中国で「無印良品」の商標が争われた問題で、本家のはずの良品計画が無印良品とは関係ない中国の地元企業に敗訴するという結果が波紋を呼んでいます。 商標を含む産業財産権についてのトラブルには事欠かない中国ですが、勝手に商標を使われるならまだしも、訴え出ても結局負けてしまうとはどういうことなのでしょうか。 このような問題は今後も起こるのか、あるいは、このような問題に...

記事


目次から探す

索引から探す

人気の記事ランキング


新着の記事


おすすめの記事