電話

0120-966-995

0120-123-456 営業時間:平日 10:00-17:00

記事をシェア

識別性」タグの記事


他者と区別できないものは商標登録できない

商標登録を出願しようとしても、認められない、あるいは、認められにくい商標があります。 商標法では、出願しても商標登録できないものとして、以下の3つを定めています。 他人の商品・役務と区別できないもの 公共機関の標章と紛らわしいなど公益性に反するもの

商標登録における事前準備とは

商標登録を勝ち取るための道のりは、商標出願後の手続の過程ではなくその前段階の事前準備からすでに始まっています。 むしろ、事前準備の段階で商標登録できるかどうかほぼ決まってしまうと言っても過言ではありません。 それほど大事な事前準備とはいったい何をすればいいのでしょう。 また何に気を付ければいいのでしょうか。 事前準備が悪いとすべてが無駄骨に

すでに似た商標が先に使われていたら

商標登録をしようとして調査をした結果、すでに第三者が同じ商標、あるいは、似ている商標を先に出願・登録していることがわかったとします。 この場合、すぐにあきらめてしまうのは早計です。 まったく同じ商標が先に登録されていても、商標登録可能な場合は決して少なくありません。 ポイントは以下の5つです。 指定区分は何か...

まるか食品がペユングを商標登録、コピー商品第2弾でるか

ペヨングソースやきそばという商品があることをご存知でしょうか。 ペヤングではなく、ペヨングです。 見た目はそっくりで値段がオリジナルより50円ほど安いインスタントカップ焼きそばです。 これはまた豪快にパクった商品がでてきたものだと思ったらさにあらず。

70年代のロック名曲「ホテル・カリフォルニア」のモデルを装うホテルに対してイーグルスが商標権侵害訴える

往年の人気ロックグループ「イーグルス」の関係者が、メキシコのホテルが自分たちの商標権を侵害しているとして、損害賠償を求める訴えをカリフォルニア州連邦地裁に提訴していることが5月2日、報道などで明らかになりました。 同グループの代表曲にして70年代ロック界でもっとも成功した伝説的な曲「ホテル・カリフォルニア」の舞台であるかのように装って営業していたことを問題視したものです...

記事


目次から探す

索引から探す

人気の記事ランキング


新着の記事


おすすめの記事