電話

0120-966-995

0120-123-456 営業時間:平日 10:00-17:00

記事をシェア

弁理士が教える商標登録のコツ 


商標登録の手続きを弁理士に依頼することをお勧めするわけ

商標登録するのに資格が必要だという誤解があるようですが、特に資格はいりません。

どなたでも商標登録の手続きを行うことができます。

もちろん、商標権者が自分で商標登録することも可能です。

それでも商標登録専門の弁理士に依頼するのが最良の選択です。

私が弁理士だから仕事がほしくて言っているのではなく暦とした事情があるのです。

商標登録を自分で行うのは賢明ではない

商標登録の手続きを商標権者自身が行うのは実務上で言えば可能です。

しかし実際問題としては、賢明とは言えません。

商標登録のノウハウがない個人が自分で商標登録するのに比べて、弁理士に依頼するメリットは主に4つです。

  1. もっとも最適で無駄のない商標登録が可能
  2. 商標登録できない事態を防止する
  3. 商標の適切な運用管理法を知ることができる
  4. コストが節約できる

それぞれ見ていきましょう。

1.もっとも最適で無駄のない商標登録が可能

商標登録する際には、登録する商標を使う分野を商標法で定める45の分類から指定する必要があります。

分類は複数指定することができますが、1つ指定するごとに費用が加算されます。

したがって、何でもかんでも広げてしまえば登録費用が無駄にかかってしまいます。

かといって指定の範囲が甘いと商標を適切に守ることができません。

どこからどこまでを指定に加えればいいのかは、商品によっても変わりますし、依頼者のニーズや業界の競合状況などによっても異なります

加えて、指定作業はなかなか難解です。

まず45分類の中から適切な範囲を選ばなければなりません。

加えて、商標法の分類とは別に、共通する要素のある個別の商品どうしを類似群として網掛けしています。

商標を使用する範囲を二重のフィルターにかけて、もっとも最適で無駄のない分類に登録するのが弁理士の腕の見せ所なのです。

それがわかっていないと、せっかく商標登録しても、ちゃんと商標を守れない可能性があるばかりか、最悪は、登録した商標が使えなくなってしまう事態に陥ってしまうことになりかねません。

2.商標登録できない事態を防止する

商標登録の手続きをすれば、すべての商標が登録できるわけはありません。

特許庁において商標として登録することが適切かどうかの審査を受けて、パスしたものだけが商標登録されます。

2014年の数値だと、商標登録の出願件数に対して登録できたのは約70%であり、つまり1/3が審査ではじかれるということです。

実際にやってみるとわかるのですが、商標登録の作業は意外に煩雑です。

登録作業の前にまず調査をして指定範囲のあたりをつけて、先に登録されている似た商標がないかといったことを綿密に調べなければなりません。

申請作業についても、婚姻届のような親切な書式が用意されているわけではなく、商標法で定める要件を満たした書類を一から作成しなければならないのです。

以前の調査が甘かったり、書類に不備があればそれでアウト。商標登録できないばかりか出願に要する手続き費用が無駄になります。

商標登録専門の弁理士は長年の経験によってどのようにすればもっともスムースに商標登録できるのか熟知しています。

3.商標の適切な運用管理法を知ることができる

晴れて商標登録が実現すれば、何の制限なく自由に商標を使えるし、他人がもし勝手に商標を使っていたら使用をやめさせることができる――そう思うのは甘いです。

商標は登録したあとの運用や管理が重要です。

商標登録したからとあまり考えずに使っていたら、なぜか他人の商標権を侵害したとして訴えられてしまうということもありえます。

しっかり管理していないと、せっかく取得した商標登録を取り消されてしまうこともあるのです。

予備知識を持たない人は、商標登録することがゴールで、その後のことはあまり考えないもの。それではせっかく商標を登録できてもビジネスに生かすことができません。

弁理士から適切なアドバイスを受けることによって登録した商標を適切に運用管理することができます。

4.コストが節約できる

商標登録の手続きを弁理士に依頼せず、自分でやれば弁理士費用が節約できる、そう思うのも無理はありません。

実際には自分でやるよりも慣れている専門の弁理士に依頼したほうが安くつく場合がほとんどです。

弁理士に依頼してもしなくても、出願や登録にかかる法定費用は同じです。

しかし、出願の際に商標を使用する範囲を一つ追加するごとに費用が加算されますので、適切な区分を指定しないと費用を無駄に払うことがあります。

仮に出願が認められなくて商標が登録できなければ出願手数料が無駄になります。

何より、商標権者自身が本業ではない登録作業に多大な時間を割くことによって、自身の貴重な人的コスト、時間コストが失われていることを忘れないでほしいと思います。

商標権者が全力を注ぐべきは、登録した商標を使っていかにビジネスに生かすかです。

面倒な登録作業は専門の弁理士に依頼することを強くお勧めします。

私たちアイリンク国際特許商標事務所は、中小零細企業や個人事業主さまを応援しています↓


2016年07月18日 作成
2017年08月21日 更新

次のページ商標登録は守りに非ず、攻めの要素もある

「弁理士が教える商標登録のコツ」 の記事


「弁理士が教える商標登録のコツ」の目次へ

こんな記事も読まれています