電話

0120-966-995

0120-123-456 営業時間:平日 10:00-17:00

記事をシェア

商標関連時事コラム 


出願から10年以上かけ中国でトランプの商標登録が完了

今年2月、アメリカのドナルド・トランプ大統領が中国当局に申請していた「トランプ」の商標登録が完了しました。

トランプの商標を巡っては、中国国内の第三者が先に商標登録出願をしていたとして、トランプ氏の商標出願が却下された経緯があります。

それが、同氏が大統領に就任したとたん、一転して商標登録が認められたことから、中国当局によるアメリカ大統領への配慮ではないかと話題になっています。

出願したのは10年前

トランプ氏側が、建設業として「トランプ」の商標を中国当局に申請したのは、もう10年以上前の2006年のことです。

トランプ氏は本国のアメリカはもちろん、進出した地域でそれぞれトランプの商標を登録しています。

ところが、中国では別の第三者に先を越されてしまったのです。

商標登録の考え方は国によって多少の違いがあるものの、中国当局は、世界的に一般化している先願主義を採用しています。

先願主義とは、同じ商標の登録出願がかち合った場合、出願日が早い側に優先権を認める制度です。

中国当局はこの判断にしたがい、出願の早かった第三者の商標登録を認めたのです。

トランプ氏の商標登録を10年間一貫して退けていた

トランプ氏はこれに不服を申し立て繰り返し裁判に訴えたものの、2015年10月、トランプ氏側の異議を退ける採決が下りました。

中国では、他国の著名な地名やブランド名、人名などを勝手に自国内で商標登録出願してしまい、実際にその商標を使っている企業が中国に進出しようとすると、商標権を盾に高額なライセンス料を要求するようなケースが横行し、問題になっていました。

とはいえ、今回のケースはちょっと事情が違います。

トランプ氏は10年前にはもう世界的な有名人でしたが、「トランプ」は人名であると同時に、カードゲームや手品で使われる札、つまり「TRUMP」とスペルも読みも同じです。

商標は意味が違っても見た目が同じ・似ているなら「同じ・似ている」と判断しますので、カード札のトランプだろうと、人名としてのトランプだろうと関係ありません。

したがって、トランプ氏の主張を退け、先に商標登録出願した第三者の登録を正当とする判断は、国際的なルールにもかなっていると思われます。

トランプ氏逆転勝利の裏に当局の配慮か

中国当局の判断は決して間違っていなかったと思います。

トランプ氏側はそれでもめげず、2016年4月、再び異議を申し立てます。

10年にわたり、トランプ氏の度重なる異議を退けてきた中国商標当局でしたが、今回は対応が違いました。

この時期、トランプ氏はちょうど大統領選で快進撃を続け、話題になっていたころです。

トランプ氏の異議を受けて、改めて審議を行った中国当局は9月、第三者の商標登録を無効とする裁定を下した上で、トランプ氏側の商標登録出願を受け入れ、同11月13日、登録を認める告示を出したのです。

その後、3カ月間、異議申し立てがなかったため、翌2017年2月、正式に商標登録が完了したというわけです。

どうにもおかしな話です。

トランプ氏の主張を10年間退け続けてきたのに、なぜその判断が突然に覆ったのでしょうか。

また、正当な出願によって合法的に商標を登録し、10年間使っていただろう第三者にしてみれば、とても受け入れがたい話だと思いますが、告知期間内に異議を申し立てることはありませんでした。

こうしたことから、トランプ氏の大統領選勝利の可能性を見越した中国当局の政治的な配慮ではないかとささやかれているゆえんです。

日本でもTRUMPを商標登録済み

商標登録が認められたことにより、結果として、中国のマーケットからトランプ氏が関連した会社、およびトランプ氏本人に利益がもたらされる可能性があります。

これは、外国からの利益を受諾することを禁じた連邦法に抵触するのではないかという見方も広がっていますが、ここではそのことには触れません。

ちょっと気になったので、日本では、トランプの商標はどうなっているのか確認してみました。

すると、ちゃんと以下の2つの商標が登録されていました。

商標:TRUMP
権利者:ドナルド ジェイ トランプ
出願日:2006/09/29
登録日:2007/06/29
状態:係属 / 存続-登録-継続

商標:TRUMP TOWER
権利者:ドナルド ジェイ トランプ
出願日:2008/01/11
登録日:2009/03/27
状態:係属 / 存続-登録-継続

最初に「TRUMP」の商標を出願したのは、2006年ですから、中国当局への出願と同じ時期です。

このころ、トランプ氏の会社は海外進出を加速させていたのでしょう。

ちなみに、日本では、第三者の出願人が現れることはなく、トランプ氏の商標登録出願がすんなり通っています。

参考:
東京新聞 「TRUMP」商標、昨年は却下 当選後 中国、一転「OK」
AFP通信 トランプ氏が中国で商標登録出願、米憲法違反の恐れも
産経新聞 「TRUMP」を商標登録 中国、狙いは懐柔の臆測も
CNN 中国、トランプ氏の名前の商標権を承認 政治的配慮?
ニューズウィーク日本版 ついに中国で成立した「トランプ」商標登録

私たちアイリンク国際特許商標事務所は、中小零細企業や個人事業主さまを応援しています↓


2017年03月13日 作成
2017年04月22日 更新

次のページ直虎の商標を巡って浜松市と須坂市が対立

「商標関連時事コラム」 の記事


「商標関連時事コラム」の目次へ

こんな記事も読まれています