電話

0120-966-995

0120-123-456 営業時間:平日 10:00-17:00

記事をシェア

商標関連時事コラム 


商標登録など知財情報を無料で閲覧できる特許情報プラットフォームのサービスがサイバー攻撃受け停止

国内に登録されている特許情報や商標登録の情報を閲覧できるJ-PlatPat(特許情報プラットフォーム)のサービスが3月10日(金)から停止したまま、4日たった3月14日(火)現在でも利用できない状態が続いています。

J-PlatPat

サービスを提供する独立行政法人工業所有権情報・研修館によると、サイバー攻撃を検知したために緊急停止したもので、現在、セキュリティ対策を行っているということです。

J-PlatPatとは

J-PlatPatは、経済産業省所管の独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)が運営する特許、実用新案、意匠、商標の産業財産権についてのあらゆる情報を無料で閲覧できるサービスです。

平成27年3月23日、従来のデータベース特許電子図書館を刷新する形で提供をスタートしました。

略称のJ-PlatPatは、Plat=「ぷらっと」寄って、Pat=「ぱっと」情報がとれる、という意味が込められており、その名の通り、誰でも簡単な操作で閲覧できて、必要な情報を気軽に入手できる便利なサービスです。

停止の原因はサイバー攻撃

産業財産権にかかわる法律事務を行う弁理士には欠かせないサービスですが、3月10日に突然サービスを停止したまま、週明けになっても利用できない状態が続いていました。

J-PlatPatサービスのサイトにアクセスすると、写真のような画面が現れ、一切のサービスが使えない状態です。

商標登録など知財情報を無料で_写真①

サイトを運用するINPITでは、サービスを停止している理由について特に言及していませんでしたが3月14日になり、サイバー攻撃が原因であることを公表しました。

特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)サービスの再開の予定について(平成29年3月14日)

商標登録など知財情報を無料で_写真②

必要なセキュリティ対策を施しているとのことですが、再開まではまだ数日かかるようです。

なお、INPITでは、セキュリティ強化対策を目的とするメンテナンスを3月17日に予定していました。

特許情報を民間のサービスで利用する方法

1日も早い普及を祈るばかりですが、J-PlatPatが使えない間の次善の策として、民間の特許情報提供サービスを利用する方法があります。

特許庁のホームページで「特許情報提供事業者リスト集」を公開していますので、参考にしてください。

特許情報提供事業者リスト集

私たちアイリンク国際特許商標事務所は、中小零細企業や個人事業主さまを応援しています↓


2017年03月27日 作成
2017年04月22日 更新

次のページ共謀罪が閣議決定、商標法違反も対象に

「商標関連時事コラム」 の記事


「商標関連時事コラム」の目次へ

こんな記事も読まれています