電話

0120-966-995

0120-123-456 営業時間:平日 10:00-17:00

記事をシェア

ネーミングとロゴをめぐる物語 


ロゴをめぐる物語「ナイキ」

運動靴を始めとするスポーツ用品のトップブランド、ナイキ(NIKE)。

そのロゴは、シンプルでありながらシャープなラインが強い存在感を主張する特徴的なデザインをしています。

いまでは世界中の誰でも知っているロゴ商標ですが、制作に支払われた代金はたったの35ドルだったそうです。

デザインしたのは学生だった

流線型が特徴的なロゴは「スウッシュ(Swoosh)」の愛称で親しまれています。

躍動感を表す英語の擬音です。

日本風に言えば、「ビュン」でしょうか。

一陣の風が吹き抜けるような勢いのある音です。

スポーツブランドのロゴとしてとてもよくマッチしています。

実際にモチーフになったのは、社名であるナイキ(NIKE)の由来である勝利の女神ニケの翼です。

1971年に商標登録されています。

いまでは世界中の誰もが知るロゴを作ったのは、実は、一介の女学生でした。

ナイキの創設者のフィル・ナイトは創立当初ポートランド州立大学で会計学を教えていました。

大学でグラフィックデザインを専攻していたキャロライン・デビットソンと知り合い、まだ学生だった彼女にロゴの制作を依頼します。

キャロラインはすでに学生兼デザイナーとして活動していたとはいえ、なぜ経験の浅い女学生にロゴの制作を依頼したのかは不明です。

印刷の都合で急いでロゴを決める必要があったためとも言われています。

そうして、キャロラインがデザインしたのが、スウッシュのロゴだったのです。

デザイナーとして仕事を始めたばかりで、実績のなかったキャロラインがデザイン料として請求したのはたった35ドルでした。

日本円にして4000円弱。

当初は、よもや世界中のアスリートやスポーツを愛する人たちを虜にするブランドに成長するとは、思っていなかったのかもしれません。

創業者の粋な計らい

おそらく間に合わせのつもりで急きょ作ったロゴだったのでしょう。

ところが、ナイキは瞬く間に世界的なブランドに成長、スウッシュのロゴもいつのまにかすっかり定着しました。

象徴であるロゴ商標をたった35ドルで売ってしまったデザイナーのキャロラインは、さぞや悔やんでいるに違いない。

と思ったら実はそうでもありません。

フィルはその後もキャロラインに多くのデザインを依頼、彼女は次第にデザイナーとして名声を積み上げていきます。

その後もナイキはどんどん大きな会社へと成長していき、個人のデザイナーであるキャロライン一人の手に負えなくなり、1983年(昭和58年)には、デザイン制作を代理店に移管します。

このときフィルは、キャロラインの長年の労をねぎらい、ダイヤモンド入りの金のスウッシュリングとナイキ社の株を贈ったということです。

私たちアイリンク国際特許商標事務所は、中小零細企業や個人事業主さまを応援しています↓


2016年09月19日 作成
2017年09月05日 更新

次のページネーミングをめぐる物語「リプトン」

「ネーミングとロゴをめぐる物語」 の記事


「ネーミングとロゴをめぐる物語」の目次へ

こんな記事も読まれています