電話

0120-966-995

0120-123-456 営業時間:平日 10:00-17:00

記事をシェア

新着の記事


2018.12.11

商標「無印良品」で本家が中国の現地企業に敗訴した轍を踏まないために

中国で「無印良品」の商標が争われた問題で、本家のはずの良品計画が無印良品とは関係ない中国の地元企業に敗訴するという結果が波紋を呼んでいます。 商標を含む産業財産権についてのトラブルには事欠かない中国ですが、勝手に商標を使われるならまだしも、訴え出ても結局負けてし...

2018.11.8

キリンラーメンはなぜ名称変更しなければならなかったのか

愛知県中部の西三河と呼ばれる地域で限定販売され、地元民に親しまれた「キリンラーメン」が2018年5月、発売50周年目にして名称変更を行い、新しい名前を公募することを発表しました。 飲料大手のキリンとの間で商標の使用について話し合いがもたれ、結果、製造元の小笠原製粉側が...

2018.5.7

チケット転売サイトが商標法違反容疑で捜査。いったい何が問題なのか

MIXIの子会社で、チケット転売サイト「チケットキャンプ」を運営するフンザが、商標法違反と不正競争防止法違反の疑いで当局の捜査を受けたことをもって、12月7日から一時サービス停止に踏み切りました。 捜査当局、会社側とも容疑内容を明らかにしていないため、何がどう商標法違...

2018.5.7

元号は商標登録できるのか

天皇陛下の退位の時期を平成31年4月30日とし、皇太子さまが次の天皇として翌5月1日に即位される案が皇室会議でまとまりました。 平成時代のカウントダウンが始まったわけですが、そこで気になるのが次の年号が何になるかです。 一般的には、「どんな称号になるんだろうな」ぐらい...

2017.11.21

ライバル社の商標を勝手に出願か?スパイシーソフトが商標登録したMoguraVRにサイト運営元が異議

競合関係にあるメディア企業の商標を、ライバル社が無断で商標登録したのではないかと議論になっています。 商標を勝手に登録されたと訴えているのはVRをテーマとした情報サイト「MoguraVR」の運営などを行うMoguraという会社。 ライバル関係に...

2017.11.17

特許庁が異議を認め「チバニアン」を論文や書籍で使用可能に

国際的な地質年代表記に、日本の研究チームが提案した「チバニアン」が採用される見通しです。 すでに国際審査を順調にパスし、快挙へ向けて動き出していますが、思わぬところで問題が起こりました。 研究チームが国際学会に申請した名称「チ...

2017.11.13

やめられないとまらない~のサウンドロゴを作った人たち

やめられない、とまらない でおなじみのかっぱえびせん。 時代の移り変わりの中、昭和のスナック菓子が徐々に姿を消しつつありますが、かっぱえびせんは現在でも第一線で活躍中。 ところで、耳について離れないあの歌詞とメロディ、制作者がさる大物だった...

2017.11.13

松竹梅CMのサウンドロゴに受け継がれるスターの系譜

1990年代ごろまで長く放送されていた、清酒「松竹梅」のCM。 現在も宝ホールディングスのCMに出演している渡哲也さんの印象が強いのですが、実は、あんな人やこんな人まで主演していたり、CMソングもロングバージョンからショートバージョンまでいろいろあったり、意外に忘れていたことも多いことに気づきました。 ...

2017.11.13

アコムのCMのあのサウンドロゴに原曲があった

は・じ・め・て・のアコム♪ のフレーズでおなじみの、個人向けローンのCM。 現在は、女優の永作博美さんをメーンキャストに、ラグビー部員軍団とのコミカルなCMが話題です。 過去には、当時まだ無名だった女優の小野真弓さんが注目されるきっかけとなるなど、旬の若手女優・タレントを多く...

2017.11.11

商標登録で難しいのは区分指定

商標登録の手続きを自力で行うのは賢明ではなく、専門家である弁理士に依頼すべきだというのが私の信念です。 その理由について、何度かこの連載で語っていたので詳細は省きますが、一言でいえば、慣れていない人がやると、手続き作業に時間と費用が余計にとられてしまう上、最悪は、...

2017.11.11

商標登録を自分でできたつもりの落とし穴

ネットを見ていると、「商標登録、自分でやってみた」系の投稿を目にすることがときおりあります。 こういう投稿を見ると、老婆心ながらも「本当にちゃんと商標登録できていればいいけれど」と思わずにはいられません。 商標登録というのは、...

2017.11.11

商標登録をする意義とは?ある女性経営者の考え方

つい最近、商標登録の意義について、改めて考える機会がありました。 一般論では、企業の重要な資産である商標権を法的に保護するために商標登録するものと定義されています。 もちろん、一義的な意味ではその通りだと思います。 ところが、たまたま出...

2017.11.2

耳について離れないスジャータのCMソングはあの人が歌っていた

スジャータ、スジャータ、白いひろがり 1970年代から80年代ころにかけて、頻繁に見聞きした懐かしいCMソング。 テレビCMはもちろん、ラジオCMでは時報CMとしても使われたため、1時間ごとに例のメロディが流れていたので、40歳以上の日本人なら誰...

2017.11.2

地方の事業主でも商標登録は東京の弁理士に依頼すべき3つの理由

商標登録を行う際、産業財産権についての法律事務を専門的に扱う弁理士に依頼するのがもっとも確実で、かつ、トータルコストを安く抑える方法です。 その際、依頼する弁理士をどのように選べばいいのでしょうか。 もし地方在住で、日ごろから付き合いのある弁理士が身近にいない場合、

2017.10.30

小さな女の子が手お合わせながら「な~む~」と唱えるCMの提供といえば?

推定5~6歳の小さな女の子が、手を合わせながら、「おててのしわとしわを合わせて・・・」と唱えるCM。 仏壇・仏具の製造販売大手、はせがわが長年にわたって提供してきたロングランCMです。 ところで、少女のセリフが終わり、「な~む~」と拝んだあと、バックに流れる会社紹介の音楽...

2017.10.30

高須クリニックの登録商標「Yes!高須クリニック」の深い意味

近未来都市のようなビル街をヘリコプターやクルーザーで颯爽と駆け抜けたかと思うと、中東系のビジネスマンらしい人との談笑シーンや、謎の女性(漫画家の西原理恵子さんや、タレントの野村沙知代さん)が何の脈絡もなく登場。最後に、ヘリポートに降り立ったサングラス姿の中年男性が「Yes! ...

2017.10.18

千葉県の地域ブランド「富里スイカ」

千葉県はスイカ栽培で全国トップクラスの生産量を誇ります。 スイカといえば熊本県が有名ですが、千葉県の生産量はその熊本に続いて全国2位。 その千葉県でも随一の生産量を誇るのが、富里スイカのブランドを持つ千葉県富里市。 ところが、...

2017.10.15

大阪の男性が商標侵害でUSJを提訴した理由と今後の行方

USJが販売しているグッズに、自分の商標が無断で使われているとして、ファッションブランドを運営する大阪の男性が、販売差し止めと損害賠償を求めて大阪地裁に提訴。10月12日に第一回の口頭弁論が行われました。 よくある商標侵害訴訟ではありますが、今回のケースで特異なのは、

2017.10.14

商標登録の費用を半額にできるとっておきの方法

商標登録をお考えの皆さん。 商標登録にかかる費用をおよそ半額にできるとっておきの方法について、知りたくないでしょうか。 半額にする代わりに手続きなどのサービスを手抜きさるのではないか? そんな心配は無用です。 やることはまったく変わらず、ただ単に、かかる費用...

2017.10.11

ミニ化の流れゲームボーイにも?任天堂がゲーム機デザインを商標出願

任天堂が往年のヒットゲーム機「ゲームボーイ」の躯体デザインを商標登録出願したことがかわりました。 会社側は特にその意図を表明していませんが、近年、往年のヒットゲーム機を躯体デザインそのままに小型化して商品化する「ミニ化」の流れがあり、「ミニ...

記事


目次から探す

索引から探す

人気の記事ランキング


新着の記事


おすすめの記事