電話

0120-966-995

0120-123-456 営業時間:平日 10:00-17:00

商標登録の費用

こだわり

費用

流れ

記事をシェア

明朗会計かつ安値水準は業界トップ15%クラス(2010年調べ)です

「商標出願手数料はもちろん、各費用項目に付いても、明朗会計かつ安値水準は業界トップ15%クラス(2010 年調べ)です。各種費用について、詳しくは下記の表をご参照ください。また、ご相談いただいた際には、お客様に合わせた最適な費用をご提示いたします。Paypalを利用したクレジットカード払いにも対応しております。

弁理士会:弁理士の費用(報酬)について 商標出願(1商標、1区分)をしたときの事務報酬総額

商品・役務が「1区分」
維持年数が「5年」の場合

商標登録調査

無料

電話でのご相談

無料

対面でのご相談

初回無料

最適な商標案のご提案

無料

5年 維持する場合 10年 維持する場合
1区分 78,400円〜 90,200円〜
2区分 123,400円〜 147,000円〜
3区分 168,400円〜 203,800円〜
4区分 213,400円〜 260,600円〜
5区分 258,400円〜 317,400円〜

5年 維持する場合

  • 1区分

    78,400円〜

  • 2区分

    123,400円〜

  • 3区分

    168,400円〜

  • 4区分

    213,400円〜

  • 5区分

    258,400円〜

10年 維持する場合

  • 1区分

    90,200円〜

  • 2区分

    147,000円〜

  • 3区分

    203,800円〜

  • 4区分

    260,600円〜

  • 5区分

    317,400円〜

商標登録にかかる費用・内訳(税抜き)


商標登録を
5年維持する場合
商標登録を
10年維持する場合
調査費用 無料
対面でのご相談費用 ※1 初回無料

(2回目以降: 7,000円/30分)

お電話でのご相談費用 ※1 無料
最適な商標案のご提案費用 無料
出願手数料 ※2 (20,000円 × 区分数) - 5,000円
出願印紙代 (8,600円 × 区分数) + 3,400円
登録手数料 ※2 35,000円
登録印紙代 ※2 16,400円 × 区分数 28,200円 × 区分数
合計

(対面でのご相談が1回の場合)

(45,000円×区分数)
+ 33,400円
(56,800円×区分数)
+ 33,400円
商標登録を
5年維持する場合
調査費用 無料
対面でのご相談費用 ※1 初回無料

(2回目以降: 7,000円/30分)

お電話でのご相談費用 ※1 無料
最適な商標案のご提案費用 無料
出願手数料 ※2 (20,000円 × 区分数) - 5,000円
出願印紙代 (8,600円 × 区分数) + 3,400円
登録手数料 ※2 35,000円
登録印紙代 ※2 16,400円 × 区分数
合計

(対面でのご相談が1回の場合)

(45,000円×区分数)
+ 33,400円
商標登録を
10年維持する場合
調査費用 無料
対面でのご相談費用 ※1 初回無料

(2回目以降: 7,000円/30分)

お電話でのご相談費用 ※1 無料
最適な商標案のご提案費用 無料
出願手数料 ※2 (20,000円 × 区分数) - 5,000円
出願印紙代 (8,600円 × 区分数) + 3,400円
登録手数料 ※2 35,000円
登録印紙代 ※2 28,200円 × 区分数
合計

(対面でのご相談が1回の場合)

(56,800円×区分数)
+ 33,400円

※1 … 対面でのご相談とお電話でのご相談と、から選択できます。

※2 … アイリンクにおいて、商標登録の可能性が高い(A判定)と判断したにもかかわらず登録されなかった場合、出願手数料を返金させて頂きます。その場合、登録手数料(成功報酬を含む)と登録印紙代はかかりません。

拒絶理由通知に反論をする際にかかる費用・内訳(税抜き)


商標登録を
5年維持する場合
商標登録を
10年維持する場合
補正書作成費用 ※1 20,000円
意見書作成費用 ※1 60,000円
印紙代 ※2 8,600円 × 区分数
合計 (8,600円×区分数) + 80,000円
商標登録を5年または
10年維持する場合
補正書作成費用 ※1 20,000円
意見書作成費用 ※1 60,000円
印紙代 ※2 8,600円 × 区分数
合計 (8,600円×区分数) + 80,000円

※1 … アイリンク起因の理由で拒絶理由通知がきた場合は、無料になります。

※2 … 補正により、商品・役務の数が増える場合「のみ」追加で要する費用です。

商標登録の更新にかかる費用・内訳(税抜き)


商標登録を
5年維持する場合
商標登録を
10年維持する場合
基本更新手数料 17,000円
区分手数料 ※1 3,000円 × 区分数
印紙代 ※1 22,600円 × 区分数 38,800円 × 区分数
合計 (25,600円×区分数)
+ 17,000円
(41,800円×区分数)
+ 17,000円
商標登録を
5年維持する場合
基本更新手数料 17,000円
区分手数料 ※1 3,000円 × 区分数
印紙代 ※1 22,600円 × 区分数
合計 (25,600円×区分数)
+ 17,000円
商標登録を
10年維持する場合
基本更新手数料 17,000円
区分手数料 ※1 3,000円 × 区分数
印紙代 ※1 33,800円 × 区分数
合計 (41,800円×区分数)
+ 17,000円

※1 … 補正により、商品・役務の数が増える場合「のみ」追加で要する費用です。

知っておくと安心! 商標登録の費用にかかる項目の意味


クレジットカード払い

クレジットカード払いに対応!

弊社では、知的財産の諸費用をオンライン上でクレジットカードでお支払することができます。しかし、オンライン上でクレジットカードで費用を支払できる事務所はそれほど多くありません。

クレジットカードを利用していただことで多くのメリットがあります。例えば、分割で支払うことで、今すぐ高額の費用を支払わなければならないということもありません。

また、特許、商標登録等は、一分一秒を争うため、できれば早く登録することをお勧めしていますが、費用が気になり、後回しにしてしまうこともあります。弊社は、このような悩みをかかえているお客様でも、特許、商標登録等をいち早く登録していただけるように、クレジットカードの支払を可能にしています。

弊社では、決済代行サービス「PayPal (ペイパル)」での決済により、クレジットカード主要各社でのお支払いが可能です。

「PayPal (ペイパル)」は、オンライン上でのお支払いを安全にできる決済サービスです。当サイトに大切なカード情報を知らせることなく、より安全に支払いができます。世界200以上の国と地域で、2億人以上が利用しています。


区分

「区分数」とは、その登録商標を使用する「業種」の数です。例えば、「シャネル」という商標を、「衣類」について使用する場合、区分数は「1」になります。「衣類」に加えて「化粧品」についても「シャネル」を使用する場合、区分数は「2」になります。


調査費用

アイリンクは無料!

登録しようとしている商標について、類似する登録商標が既に登録されていないか、一般名称ではないかなど、事前調査を行うことを商標調査と言います。アイリンクでは、あらかじめ商標調査を行った上で、希望される商標の登録の成功可能性を判定しています。この商標調査は、商標登録の結果を左右する重要な作業となります。 アイリンクでは商標調査を無料で承っております。


提案費用

アイリンクは独自! かつ無料!

特許庁に商標登録の出願を行う際に、特許事務所に支払う費用です。弁理士報酬とも言います。
この商標登録出願手数料は特許事務所によって異なります。


出願手数料

特許庁に商標を出願する際に、特許事務所に支払う費用です。弁理士報酬とも言います。
この出願手数料は特許事務所によって異なります。


出願時印紙代

特許庁に商標登録を出願する際に必ずかかる印紙代です。1区分だと12,000 円になり、2区分以降は、1区分増えるごとに8,600 円加算されます。


登録手数料

商標登録が認められたときにのみ発生します。特許庁に商標を登録する際に、特許事務所に支払う費用です。出願手数料と同様、弁理士報酬とも言います。この手数料は特許事務所によって異なります。アイリンクは、登録手数料に成功報酬を含めています。


登録時印紙代

特許庁に商標を登録する際に必ずかかる印紙代です。商標登録の維持年数を5年と10年を選択でき、5年と10 年で金額も変わります。1区分増えるごとに5年維持は16,400円加算、10年維持29,200円加算されます。


補正書作成費用

特許庁から送られる拒絶理由通知に対し、商標登録に導くために反論を行うための書類を作成する費用です。アイリンク起因の理由で拒絶理由通知が来た場合は、この意見書作料は無料になります。


意見書作成費用

商標登録を維持できる年数を更新するための費用です。特許事務所に支払う更新手数料と特許庁に支払う印紙代が発生します。