電話

0120-966-995

0120-123-456 営業時間:平日 10:00-17:00

記事をシェア

弁理士が教える商標登録のコツ

商標は出願すれば必ず登録されるわけではなく、審査を通すには一定の条件とコツがあります。また、商標登録すればそれで終わりではありません。登録後の管理や登録した商標をビジネスに生かす方法なども知っておきたいところ。さらに、訴訟になったときの心構え、商標登録しないままでいると大きなリスクがあることなど、専門家だからこそ知る実際の話を、商標専門弁理士が豊富な経験をもとに解説しています。

1. 商標の専門家から見た成功するネーミング 2. 商標登録の可否を決める審査官の横顔 3. 商標登録の手続きを弁理士に依頼することをお勧めするわけ 4. 商標登録は守りに非ず、攻めの要素もある 5. ウェブサイトで使っている商標の登録について注意したいこと 6. キャッチフレーズは商標登録できるのか 7. ネーミングだけで売上をアップする方法 8. ロゴは著作権で保護されているという誤解 9. 商標はなぜ理念やビジョンからつけるべきなのか 10. 法人登記したら会社名は保護されるという誤解 11. 商標を侵害されてもあえて様子を見るという手もある 12. 商標登録によって直接的な利益を得る方法 13. 商標登録できなかったときはいったん立ち止まって考えてみる 14. 商標を勝手に使われないためのコツ 15. 商標を侵害していると警告を受けたときの対処法 16. 商標登録を成功報酬制の弁理士に依頼するのは本当に得か 17. 特許庁が商標侵害の最低賠償額を設定へ 18. 商標登録は弁理士手数料の安すさだけに目を奪われないで 19. 特許庁が商標出願のスピードを大幅に短縮する早期審査・審理の対象を拡大 20. 商標登録の費用を半額にできるとっておきの方法 21. 地方の事業主でも商標登録は東京の弁理士に依頼すべき3つの理由 22. 商標登録をする意義とは?ある女性経営者の考え方 23. 商標登録を自分でできたつもりの落とし穴 24. 商標登録で難しいのは区分指定

記事


目次から探す

索引から探す

人気の記事ランキング


新着の記事


おすすめの記事