電話

0120-966-995

0120-123-456 営業時間:平日 10:00-17:00

記事をシェア

拒絶査定」タグの記事


商標登録が認められなかったときの対処法

特許庁に商標登録を申請し、審査の結果、最終的に商標登録を認められないという判断を特許庁が下すことを拒絶査定と言います。 いったん商標登録をあきらめ、新たな商標での登録を目指すのもの一つの道です。 それでもどうしてもあきらめ切れない場合、まだ手段があります。 不服審判の成功率は70% 拒絶査定にどうしても納得できない...

2chの商標もひろゆき氏が取得

インターネット掲示板の元祖として知られる2chの商標について、3月23日、創設者であるひろゆき氏こと西村博之氏に登録する権利が認められました。 2ちゃんねるは2014年以降、現在の運営会社とひろゆき氏の間で乗っ取り騒動が起こっています。 同氏は騒動発覚後の2014年3月に2chの商標登録を出願。 いったんは拒絶されましたが特許庁に不服を申し立てていました。

商標の出願が却下されるケース

特許庁による商標審査の結果、登録が認められないことを拒絶査定と言いますが、拒絶査定以外にもう一つ、商標登録にいたらないケースがあります。 出願の却下です。 出願した商標に類似した商標がすでに登録されているか、商標として登録するのにふさわしくないという結論に達したときに下されるのが拒絶査定ですが、出願の却下はこれとは別に、続きが...

記事


目次から探す

索引から探す

人気の記事ランキング


新着の記事


おすすめの記事